国外脱出作戦の航空機、39分ごとに1便離陸 カブール空港

米国民らの退避作戦について説明する米統合参謀本部のハンク・テイラー少将/Pool

米国民らの退避作戦について説明する米統合参謀本部のハンク・テイラー少将/Pool

(CNN) 米統合参謀本部で後方支援担当幹部を務めるハンク・テイラー少将は25日、アフガニスタンの首都カブールの国際空港で続いている米国民らの国外退避作戦に触れ、米軍や多国籍軍が過去24時間内に1万9000人を脱出させたと報告した。

24日に同空港を出発したのは計90便とし、39分ごとに1便の計算になると述べた。米軍は軍用機42機を動員し1万1200人を輸送、多国籍軍は7800人を運んだとした。

米軍や多国籍軍がこれまで国外へ運んだ自国民らはこれまで約8万8000人。

カブール空港には搭乗や出発を待つ人々が1万人以上いるとも指摘。ただ、空港に到着する人々は今後増えるともみられ、待機している人数が変わる可能性があるともした。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]