アラスカ南西沖でM8.2の地震、1964年以来の規模 住民一時避難

米アラスカ南西沖を震源地とする地震が発生した/Google Maps

米アラスカ南西沖を震源地とする地震が発生した/Google Maps

(CNN) 米アラスカ州南西沖で現地時間の28日夜、マグニチュード(M)8.2の非常に強い地震があった。当局によると、地震の規模は1964年以来で最も大きかった。

米地質調査所(USGS)によると、M8.2の地震はアラスカ州南西部ペリビルから約91キロ東南東で、米国時間の28日午後10時15分ごろ発生した。震源の深さは推定約46.7キロ。

アラスカ地震センターによると、この地震でアラスカ半島全域と、半島沖のコディアック島で揺れを感じた。

USGSは、少なくとも2回の余震があり、M6.2とM5.6を観測したと伝えている。

コディアックのパット・ブランソン市長は電子メールでCNNの取材に応じ、「不安な思いで島への波の到達に関する発表に備えた」「緊急対策委員会が設置され、新しい情報が入れば市民に知らせた」と述べ、市民が一時的に避難したことを明らかにした。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]