ニューヨーク市地下鉄駅爆破テロ、被告の男に終身刑

アカエド・ウラー被告。ニューヨーク市地下鉄爆破テロ事件の裁判で終身刑を言い渡された/courtesy NY taxi commission

アカエド・ウラー被告。ニューヨーク市地下鉄爆破テロ事件の裁判で終身刑を言い渡された/courtesy NY taxi commission

ニューヨーク(CNN) 2017年にニューヨーク市地下鉄の駅で発生した爆破テロ事件の裁判で、連邦地裁は22日、被告の男に終身刑を言い渡した。

バングラデシュ人のアカエド・ウラー被告(31)は17年12月11日朝のラッシュアワーに、地下の連絡通路で身に着けていた爆弾を爆発させた。6人が負傷し、被告自身も両手と腹部にけがを負った。

この通路はマンハッタンのポート・オーソリティー・バス・ターミナルの地下で地下鉄2路線を結び、1日22万人が利用する。

ウラー被告は18年、1週間に及ぶ公判を経て6つの罪状で有罪を宣告された。今回、大量破壊兵器の使用を含む2つの罪状で、最高刑の終身刑を言い渡された。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]