米の介護施設の新規感染、96%激減 ワクチン接種の開始後

ワクチン接種開始後、米国の介護施設での新規感染が96%減少したという /Paul Bersebach/MediaNews Group/Orange County Register/Getty Images

ワクチン接種開始後、米国の介護施設での新規感染が96%減少したという /Paul Bersebach/MediaNews Group/Orange County Register/Getty Images

(CNN) 新型コロナウイルスのワクチン接種が昨年12月下旬に始まって以降、全米の高齢者向け介護施設などでの新規感染者数が96%も激減していることが新たな分析結果で3日までにわかった。

調査や分析は介護業界などの団体「AHCA/NCAL」が実施。同年12月以降で、これら施設での新規感染は地域社会全体よりはるかに速いペースで減少しているとした。

同団体の責任者は声明で、「まだ危機的な局面を脱しているわけではないが、今回の調査結果は非常に勇気づけられるものであり、最前線にいる介護従事者の士気を強く鼓舞する」と述べた。

また、ワクチン接種で高齢者が優先的な対象となったことも評価した。

米厚生省の部局が先月30日に公表した報告書によると、同国内では今年3月7日までに週間単位の感染者数や犠牲者数が記録の収集開始後、最低の水準を示した。同日までの1週間における死者は547人で、昨年12月以降では91%減だったという。

AHCA/NCALには全米の介護施設など1万4000以上が参加。年間では約500万人にサービスを提供しているという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]