ジョー・バイデン氏、第46代米大統領に就任

大統領の就任宣誓を行うジョー・バイデン氏/Alex Wong/Getty Images

大統領の就任宣誓を行うジョー・バイデン氏/Alex Wong/Getty Images

(CNN) ジョー・バイデン氏は米東部時間20日正午(日本時間21日午前2時)、第46代米大統領に就任した。

バイデン氏はジョン・ロバーツ連邦最高裁長官を前に就任宣誓を行った。

宣誓後の就任演説でバイデン氏は、「米国の人々を一つにし、国を団結していくことに全霊を傾ける。そのためにすべての米国民に私と一緒に取り組むようにお願いしたい」と呼びかけた。

それに先立ち、カマラ・ハリス氏がソニア・ソトマイヨル連邦最高裁判事の前で副大統領の就任を宣誓した。

就任式にはビル・クリントン元大統領夫妻、ジョージ・W・ブッシュ元大統領夫妻、バラク・オバマ元大統領夫妻が参加した。ペンス前副大統領夫妻や連邦最高裁の判事も出席した。

トランプ前大統領夫妻は参加せず、同日午前にホワイトハウスを離れた後アンドルーズ空軍基地を経由して、フロリダ州に飛んだ。前大統領が大統領就任式に参加しないのは過去150年以上で初めて。

就任式では米歌手のレディー・ガガさんが国歌を独唱した。ハトの形をしたブローチを身につけたガガさんは金色のマイクを手に持ち、海兵隊のバンドの合奏に合わせて歌った。

レディー・ガガさんが国歌を独唱/CNN
レディー・ガガさんが国歌を独唱/CNN

その後にはジェニファー・ロペスさんが「アメリカ・ザ・ビューティフル」を歌った。

ジェニファー・ロペスさん/Kevin Lamarque/Reuters
ジェニファー・ロペスさん/Kevin Lamarque/Reuters

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]