下院議長のパソコン盗んでロシアへ売却か、議事堂乱入者を捜査

議事堂乱入事件の逮捕者に対して、ペロシ下院議長のパソコンを盗んでロシアに売り渡そうとしていたとの疑いが出ている/Victor J. Blue/Bloomberg/Getty Images

議事堂乱入事件の逮捕者に対して、ペロシ下院議長のパソコンを盗んでロシアに売り渡そうとしていたとの疑いが出ている/Victor J. Blue/Bloomberg/Getty Images

(CNN) 米首都ワシントンで6日に起きた議事堂乱入事件の裁判で、連邦捜査局(FBI)が乱入者の1人について、ペロシ下院議長の部屋からノートパソコンを盗み、ロシアへ売り渡そうとしたとの情報を得ていることが分かった。

ペンシルベニア州在住のライリー・ジューン・ウィリアムズ容疑者は多くの乱入者と同様、議事堂の立ち入り禁止区域に不法侵入した疑いなどで逮捕された。

17日に法廷へ提出された文書によると、ウィリアムズ容疑者の元恋人を名乗る人物がFBIの調べに対し、現場の映像に映った同容疑者の姿を特定した。容疑者は議事堂内で、仲間に上階のペロシ氏の部屋へ向かうよう指示していた。

この人物はさらに、ウィリアムズ容疑者の友人らと話したところ、容疑者がペロシ氏の部屋からノートパソコンかハードディスクドライブ(外部記憶装置)を持ち出している映像を見せられたと話した。

同人物によれば、この機器は容疑者がロシアの友人に送り、その友人がロシア対外情報庁(SVR)へ売り渡すことになっていた。しかしロシアへの輸送は何らかの理由で失敗に終わったという。容疑者が機器を手元に保管しているか、すでに破壊したかは不明とされる。

一方で法廷文書には、ペロシ氏の部屋から実際にパソコンが持ち出されたことを示す記録がない。同氏の補佐官は事件の2日後、会議室にあったプレゼンテーション用のパソコンが盗まれたとツイートしたが、ウィリアムズ容疑者をめぐる情報との関係は分かっていない。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]