トランプ氏が訴える「不正投票」、共和党重鎮ら擁護も一般議員は反論

トランプ氏が根拠を示さず訴えた「不正投票」について、共和党の各議員が見解を示した/Chip Somodevilla/Getty Images North America/Getty Images

トランプ氏が根拠を示さず訴えた「不正投票」について、共和党の各議員が見解を示した/Chip Somodevilla/Getty Images North America/Getty Images

(CNN) 大統領選の票の集計で不正が行われているとの根拠のない見解を示したトランプ大統領について、米共和党の重鎮らからこれを擁護する発言が相次いでいる。対照的に一般の共和党議員は、トランプ氏への反論を口にしている。

トランプ大統領は5日夜、ホワイトハウスで会見し、合法的に投じられた票を集計すれば選挙の勝者は自分であるとの誤った主張を繰り返した。また「彼らは選挙を盗み取ろうとしている。結果を不正に操作しようとしている」と強調した。

会見後、連邦議会の上下両院で指導的立場にある共和党の複数の有力議員らは、トランプ氏の発言への支持を表明した。

上院司法委員会の委員長を務め、トランプ氏とも親しいリンジー・グラハム上院議員(サウスカロライナ州)はFOXニュースの番組に出演し、トランプ氏と同様に投票の不正に関する根拠のない主張を展開。「今晩ここにいるのは、トランプ大統領を支持するためだ」と述べた。

下院院内総務のケビン・マッカーシー氏(カリフォルニア州)はCNNのコメント依頼には応じなかったものの、やはりFOXニュースの番組でトランプ氏の見解に同調。不正行為は存在していると警鐘を鳴らし「すべての米国民は立ち上がるべきだ。不正を目撃した人は我々に教えてほしい」「黙って見過ごしてはならない。こんなことが目の前で起きるのを許すわけにはいかない」と訴えた。

今回の大統領選に関して、現在のところ大規模な不正を示唆する信頼に足る証拠は見つかっていない。

上院の共和党指導部の1人、ジョン・バラッソ氏(ワイオミング州)は声明で、「投票総数の更新が続くなか、米国民は公正かつ透明性のある選挙が行われているとの確信を得てしかるべきだ。大統領がすべての合法的な投票を確実に監視、集計しようとするのは正しい」と主張した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]