新型コロナウイルス流行、あと2年続く可能性も 米専門家予想

新型コロナの流行は、少なくとも1年半から2年続くと専門家が予測した/Jens Meyer/AP

新型コロナの流行は、少なくとも1年半から2年続くと専門家が予測した/Jens Meyer/AP

(CNN) 新型コロナウイルス(COVID―19)の流行は少なくともあと1年半~2年間、人口の60~70%が感染するまで続く可能性が大きい――。感染症研究で名高い米ミネソタ大学などの専門家チームが、4月30日に発表した報告書の中でそう予想した。

専門家チームは、米国で今年秋から冬にかけて感染の第2波が起きることも含め、最悪の事態に備えるよう勧告。最善の経過をたどった場合でも、COVID―19によって死者が出る状態は続くと予想している。

ミネソタ大学感染症研究政策センター(CIDRAP)のマイク・オスターホルム所長は新型コロナウイルスについて、「人口の60~70%に感染するまで止まらない」と述べ、「近いうちに終息するという見方は、微生物学に反する」と指摘した。

今回の報告書は、オスターホルム所長などパンデミック研究で知られる専門家が共同でまとめた。

それによると、新型コロナウイルスは免疫を持つ人がいないことから、今後18~24カ月にわたって大規模な流行が続く見通しで、その過程で徐々に集団免疫が形成される。

この内容は、米ワシントン大学保健指標評価研究所(IHME)や、英インペリアル・カレッジ・ロンドンなどの予測モデルとは異なる。

CIDRAP率いる専門家チームはそうした報告書や過去のパンデミックに関する歴史的統計、新型コロナウイルス感染症に関する医学情報などを参考に、今回の予測をまとめた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]