トランプ大統領ら参加の会議、出席者の新型コロナウイルス感染が判明

保守政治行動会議の出席者から新型コロナウイルスの感染者が出た/Jose Luis Magana/AP

保守政治行動会議の出席者から新型コロナウイルスの感染者が出た/Jose Luis Magana/AP

(CNN) 米国最大の保守団体「米国保守連合(ACU)」は7日、トランプ米大統領らを迎えて先週開催した「保守政治行動会議(CPAC)」年次総会の出席者の1人に、新型コロナウイルス感染の陽性反応が出たことを明らかにした。

会議はメリーランド州で開催され、トランプ氏やペンス副大統領、政権高官らが出席していた。

ただしACUによると、感染が判明した出席者とトランプ氏やペンス氏は接触していない。

ホワイトハウスは声明で、CPAC出席者の1人に陽性反応が出たことを認識していると述べた。そのうえでトランプ、ペンス両氏がこの出席者と対面したり、近くにいたりした形跡はないと指摘。トランプ氏の担当医とシークレットサービス(大統領警護隊)がホワイトハウス職員や関係機関と緊密に連携し、トランプ氏一家とホワイトハウス全体の安全、健康維持に全力を挙げていると強調した。

ACUはメリーランド州保健当局の指示に従う構え。この出席者はニュージャージー州の病院で検査を受け、米疾病対策センター(CDC)が陽性の結果を確認した。同州で医療機関の管理下に置かれ、隔離されているという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]