誕生日祝う義理の息子のドッキリ訪問誤解し射殺、米

義父の誕生日にドッキリ訪問、誤解され射殺

(CNN) 米フロリダ州の民家でノルウェーに住む男性(37)が誕生日を迎えた義理の父親(61)をびっくりさせて祝おうと深夜に自宅を訪ねたところ、侵入者と間違えた義理の父親に銃で撃たれ、死亡する悲劇がこのほどあった。

同州サンタローザ郡の保安官事務所は、偶然が重なった「非常に悲しい出来事」だったことが捜査で判明したと述べた。

調べによると、悲運に襲われたクリストファー・バーガンさんは今月1日の夕方に一度、義理の父親のリチャード・デニスさん宅を訪問し、正面ドアをたたいていた。しかし、デニスさんは訪問者の素性を怪しみ、追い返していた。

この後の同日の午後11時半ごろ、今度は自宅裏戸のドアがたたかれたためデニスさんが照明をつけ、外に出たところ、バーガンさんが暗がりから飛び出してきてデニスさんを驚かせようとしたという。バーガンさんはこの後、胸部を撃たれ、即死していた。

デニスさんは罪には問われていない。保安官は「残された家族が今後どのような思いをかみしめていくのかは想像できない」とも述べた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]