インド人6歳女児が米メキシコ国境で死亡 インド人移民の越境増の現実

米メキシコ国境のフェンス/PEDRO PARDO/AFP/Getty Images

米メキシコ国境のフェンス/PEDRO PARDO/AFP/Getty Images

(CNN) 米税関・国境警備局(CBP)は14日までに、アリゾナ州ルークビル近郊のメキシコ国境地帯でインド人と見られる女児の遺体を発見したと発表した。

遺体で見つかったのはグルプリート・カウルちゃん(6)。CBPは女児を含む集団が人身売買業者によって国境付近で車から降ろされ、「危険な荒れ地」を越境するよう指示されたようだと述べた。

アリゾナ州検視当局は14日、カウルちゃんの死因を熱中症と発表。国境警備隊が12日に遺体を発見した場所では、気温は42度前後で推移していた。

カウルちゃんの死は、米メキシコ国境を越えるインド人移民が近年増えているという現実を浮き彫りにするものだ。

国境警備隊の統計によると、米南西部の国境で逮捕されるインド人の数は増加基調にあり、特に昨年は急増。2018年度に逮捕されたインド人は8997人で、前年の2943人から3倍以上に増えた。

米南西部国境で逮捕されたインド人の数。2018年度は8997人で、前年の2943人から3倍以上に増加/CNN
米南西部国境で逮捕されたインド人の数。2018年度は8997人で、前年の2943人から3倍以上に増加/CNN

ただ、全体では低い割合にとどまっており、2018年度に南西部国境地帯で逮捕された移民全体の2%ほどに過ぎない。国境地帯で逮捕される移民の大半はメキシコやグアテマラ、エクアドル、エルサルバドルなどの中南米諸国から来ている。

移民政策研究所(MPI)の研究助手、ジェシカ・ボルター氏は「一般的な傾向として、他の国から来る移民は大幅に増加している。インド人だけではない」と指摘する。

ただ、南西部国境地帯ではバングラデシュ移民の逮捕も増加しており、2017~18年度にかけて逮捕者は564人から1198人に倍増。CBPは最近、テキサス州でコンゴ共和国などから来たアフリカ移民が逮捕された件にも言及した。

ボルター氏は、こうした傾向は米国に簡単に入国できるとのうわさが広がっていることを示すものだと指摘。ただ、米大陸以外からの移民が米メキシコ国境を目指す流れは過去10年続いているとも言及した。「彼らはビザの発給方針が緩いブラジルやエクアドルなどに入国し、北上して中米やメキシコを経由して米国を目指している」

米国土安全保障省はこの数カ月、国境で起きているのは人道危機だと位置付けている。不法移民の収容者はかつてメキシコ人男性の単身者が大半だったが、今は亡命を求める中米出身の家族や身寄りのない子どもが主体となっている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]