銃を持った子連れの女、教会爆破の脅迫 米サンディエゴ

教会に銃を持った子連れの女が現れ、礼拝が中断した/OnScene.tv

教会に銃を持った子連れの女が現れ、礼拝が中断した/OnScene.tv

(CNN) 米カリフォルニア州サンディエゴの教会で21日に行われたイースター(復活祭)の礼拝中に、拳銃を持った子連れの女が教会を爆破すると脅し、教会員に取り押さえられる事件があった。警察が明らかにした。

サンディエゴ警察はこの日、スリランカで起きた教会とホテルの連続爆発事件を受けて警戒を強めており、通報から2分で現場に駆け付けて女を拘束した。

警察によると、女は20代後半~30代前半で、この日正午ごろ、教会の講堂に侵入して壇上に上がり、拳銃を振りかざして教会を爆破すると脅したという。

信者の1人は女について、「妄想のようなことを口にしていた。私は自分の家族を脱出させることの方を心配していた」と話す。

信者たちは女が腕に抱いていた赤ん坊を引き離し、拳銃も手からもぎ取って、女を床に組み伏せた。

警察は爆弾探知犬を使って教会の建物や女の車を捜索したが、爆弾は見つからなかった。女の拳銃に弾は込められていなかったという。

この女の5歳の娘は無事が確認され、2人の子どもは保護された。

サンディエゴ警察はこの日、スリランカの事件を受けてパトロールを強化すると発表。ツイッターを通じて「現時点でサンディエゴとの関係をうかがわせるものは何もない。しかし慎重を期するため、礼拝所周辺のパトロールを増やす」としていた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]