米軍、メキシコ国境に兵士800人派遣へ 移民集団の入国阻止を支援

移民集団の入国阻止へ向け、米軍が国境地域に兵士800人超を派遣する見通しに/John Moore/Getty Images

移民集団の入国阻止へ向け、米軍が国境地域に兵士800人超を派遣する見通しに/John Moore/Getty Images

ワシントン(CNN) 米国のマティス国防長官は、メキシコとの国境地域へ米軍兵士800人超を派遣する命令に、25日にも署名する見通しだ。現地の国境警備隊を支援して、中米からメキシコ経由で米国に入ろうとする移民集団を食い止める狙いがある。3人の政府当局者が明らかにした。

これらの当局者がCNNに語ったところによると、当該の命令は現在最終的な詳細を詰めている段階。どの部隊から兵士を動員し、具体的な任務をどのように設定するかといった内容が含まれるという。

派遣にかかる費用は国防総省が支払うとみられる。この後国土安全保障省がこれを払い戻すのかどうかは不明。

当局者らはまた、兵士の派遣は文官当局の支援が目的だと強調し、兵士らが移民と常に接触する状況は想定されていないと述べた。武器は携帯するものの、あくまで自衛のためのものだという。

当局者らによれば、国防総省に対してはホワイトハウスがメキシコ国境に部隊を派遣するよう強く圧力をかけていた。トランプ大統領も軍の出動を繰り返し要請していた。

これらの部隊が移民集団を相手に危険な軍事作戦を展開することはない。その任務は、移民が通過しようとする地点での柵や障害物の設置をはじめとする技術的な支援、国境警備隊へのテント並びに医療の提供などとされる。

25日朝の時点で、移民集団はメキシコとグアテマラの国境から約128キロの地点にいる。米国国境に到達するまでは数週間かかるとみられる。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]