民家の被害87軒に、80mの溶岩吹き上げも ハワイ噴火

キラウエア火山の噴火続く

(CNN) 米ハワイ州ハワイ島で過去4週間続くキラウエア火山の噴火被害で同州の民生防衛担当当局は3日までに、地表の割れ目から噴出する溶岩で倒壊などした民家は少なくとも87軒に達したと報告した。

今月1日時点での被害件数で、前日の先月31日に報告された77軒から10軒増となった。

31日夜には溶岩噴出が活発な同島レイラニ地区の一部には強制的な住民避難命令が出されていた。

米地質調査所(USGS)によると、溶岩が流出した地域は5・5平方マイル(約14平方キロ)に達し、米ニューヨーク市のセントラルパークの面積の4倍相当となっている。

地表の亀裂8番では活動が依然活発で、溶岩が噴き上げる高さは最高で260フィート(約79メートル)となっている。この亀裂の溶岩の先端部分は1時間に100ヤード(約91メートル)の距離で進んでいるという。

溶岩の他、火山噴火に伴う煙霧による健康被害への懸念もある。この煙霧は二酸化硫黄ガスや他の汚染物質が水分やちりと融合して発生するもので、目や肌、呼吸器系などの炎症につながるともされる。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]