米フロリダなど3州、亜熱帯暴風雨接近で非常事態宣言

米南部3州、亜熱帯暴風雨接近で非常事態宣言

(CNN) 米アラバマ、フロリダ、ミシシッピの3州は27日、亜熱帯暴風雨「アルベルト」の接近を受けて豪雨や高波が予想されるとして、非常事態を宣言した。

アルベルトは現地時間の27日現在、勢力を強めながらメキシコ湾上を北上して米南東部へ接近。28日早朝にはフロリダ州パンハンドルに上陸する見通し。

フロリダ州のスコット知事は、州内の全67郡に非常事態を宣言した。ミシシッピ州のブライアント知事は州兵の動員を承認。アラバマ州のアイビー知事は、27日午前6時から州内の40郡に非常事態宣言を出した。

米国立ハリケーンセンターは27日、アルベルトの影響でキューバ西部と米フロリダ州南部、フロリダキーズは豪雨や洪水に見舞われる恐れがあると予想。豪雨や暴風はフロリダ州北部にかけて広がり、メキシコ湾沿岸では27日以降、高波による被害も予想されるとして警戒を呼びかけている。

ルイジアナ州ニューオーリンズ市も、豪雨や洪水、暴風、高波に警戒を呼びかけた。

米国では6月1日からハリケーンシーズンに入るが、アルベルトはそれよりも一足早く、5月25日に熱帯低気圧から亜熱帯暴風雨になった。今後さらに勢力を強める恐れもある。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]