若年層が中間選挙に意欲、民主党支持の過半数「投票する」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
以前の選挙に比べて若年層の投票意欲が高まっている

以前の選挙に比べて若年層の投票意欲が高まっている

ワシントン(CNN) 今年11月に予定される米連邦議会などの中間選挙で、1票を投じるとする若年世代の有権者数が以前の2回の中間選挙を上回りそうなことが世論調査でこのほどわかった。

調査は米ハーバード大学公共政策大学院(ケネディスクール)が実施した。30歳未満のうち間違いなく投票するとしたのは37%で、2014年の23%、10年の31%を上回った。

党派別に見た場合、民主党支持者の51%が間違いなく投票すると回答。共和党では36%だった。民主党支持者のうち約70%は連邦議会の多数派を共和党から奪回したいと希望していた。14年の中間選挙では、共和党支持の若年層が投票により積極的な態度を見せていた。

今回の調査結果では、若年層の間でトランプ氏の大統領としての働きぶりを否定する意見が圧倒的で、これが投票への意欲を高める結果になっているとみられる。また、政治組織への不信も依然目立ち、連邦議会の機能を全面的もしくはほぼ信じるとしたのはわずか17%で、メディアは16%、最高裁判所は43%だった。

また、IT関連の巨大企業やソーシャルメディアの役割への評価も高くなく、フェイスブックを常にもしくは大抵信じるとしたのは27%で、ツイッターもほぼ同一の比率だった。

今回調査は今年の3月8~25日、18~29歳の2631人を対象にオンライン上で実施した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]