ホワイトハウス前で自殺、男性が頭を撃つ トランプ氏は不在

2018.03.04 Sun posted at 09:33 JST

[PR]

(CNN) 米大統領警護隊(シークレットサービス)によると、首都ワシントンのホワイトハウス前で3日正午前ごろ、男性が銃で自身の頭を撃って死亡した。トランプ大統領は当時、フロリダ州の別荘にいて無事だった。

シークレットサービスによると、男性はホワイトハウスの北側フェンスに近付き、隠し持っていたけん銃を取り出して数回発砲した。ホワイトハウスに向けて撃った形跡はないという。

男性は1発の銃弾による傷で死亡したとみられる。シークレットサービス側は発砲せず、ほかに負傷者は報告されていない。

捜査当局筋がCNNに語ったところによれば、男性はまず自分の携帯電話を撃ってから自身に銃を向けたとみられる。遺書は見つかっていないが、現場で押収された本に意味不明の文章が書かれていたという。

トランプ大統領とメラニア夫人は当時、フロリダ州の別荘にいて無事だった。3日中にはワシントンへ戻り、ホワイトハウス記者クラブが主催する恒例の夕食会に出席する。

メールマガジン

[PR]