銃乱射実行犯、「多くが民主党支持者」 米共和党議員

2018.02.22 Thu posted at 17:21 JST

[PR]

(CNN) 米連邦議会下院のクローディア・テニー議員(共和党)は22日までに、米国内で起きた大規模な銃乱射事件の実行犯の大半は民主党支持者の傾向があるとの考えを示した。

選挙区のニューヨーク州オールバニのラジオ局「WGDJ」の番組に出演し、米フロリダ州パークランドの高校で発生した銃乱射事件との関連で述べた。「これほど多くの実行犯が民主党支持者であることは興味深い。メディアはこれに触れない」とも語った。

銃犯罪の犠牲者の大半は都市部周辺の事件などが原因とし、大規模な銃乱射事件で生じてはいないとの考えも示した。

同議員は銃所持の権利を認める憲法条項の強い支持者。選挙区はニューヨーク州北部で、今年の中間選挙では最激戦地区ともなっている。

CNNはテニー議員の事務所に今回の発言の根拠となった具体的なデータの明示などを要求。これに対し事務所は声明を出し、「恐ろしい悲劇が起きるたびに悲劇を政治問題化し、適法な銃所持者や保守的な米国民を苦しめようとするメディアやリベラル主義者にはうんざりしている」と主張。

「残虐行為の実行犯は広範な政治的意見を抱いていることは承知しているが、私の今回の見解は違法な銃犯罪を取り締まれていない問題への反応」とし、「今後も銃反対のリベラリストのエリートたちに中傷されている順法の市民の側に立つ」と強調した。

同議員の選挙区の民主党支持者は今回の発言に反発し、「テニー議員は改めて連邦議会に送り出すことが出来ない資質の持ち主であることを露呈した」と批判した。

メールマガジン

[PR]

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]