米政府、ゾウ狩猟の戦利品輸入解禁へ

反対派によると、輸入規制は2014年のオバマ前政権時代に、アフリカゾウの個体数減少を受けて導入された。「海外で起きることはコントロール不能だが、動物の身体の部位の輸入規制はコントロールできる」。動物愛護団体ヒューメーン・ソサエティの代表はそう語る。

規制撤廃の方針について、動物愛護団体などは強く批判する一方、狩猟団体のサファリ・クラブ・インターナショナルは歓迎の談話を発表した。

トランプ大統領の息子2人は狩猟愛好家で、2012年にはドナルド・ジュニア氏がゾウの尾を手に持つ写真も公開されていた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]