米政府、ゾウ狩猟の戦利品輸入解禁へ

解放されたゾウが「涙」流す

(CNN) 米魚類野生生物局は、アフリカのジンバブエとザンビアから米国に持ち込まれるゾウ狩猟の戦利品に対する輸入規制を撤廃する方針を明らかにした。

輸入規制が撤廃されれば、米国人によるアフリカゾウの狩猟が可能になる。アフリカゾウは米国などの法律で絶滅危惧種に指定され、保護が義務付けられている。

絶滅が危惧される大型動物の狩猟を巡っては、米国人の狩猟愛好家がジンバブエの国立公園近くで人気ライオン「セシル」を殺したことを巡って世界中の注目を浴びた。

米魚類野生生物局の広報は、規制撤廃によってジンバブエとザンビアはゾウの管理計画に米国人の狩猟を盛り込むことが可能になり、「保護のために是非とも必要な収益源」を取り戻すことができると説明している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]