トランプ米大統領、コミーFBI長官を解任

トランプ大統領(右)がFBIのコミー長官を解任

トランプ大統領(右)がFBIのコミー長官を解任

ワシントン(CNN) トランプ米大統領は9日、米連邦捜査局(FBI)のコミー長官を解任した。スパイサー大統領報道官が同日午後6時前に発表した。

発表によると、トランプ氏はこの直前、コミー氏に「即刻解任する」との書簡を送った。

セッションズ司法長官とローゼンスタイン司法副長官の勧告を受け、FBIを「有効に指揮する能力がない」との判断に至ったとしている。書簡ではさらに、「FBIへの国民の信頼を回復できる新たな指導者を見つける必要がある」と述べた。

トランプ氏は声明で、FBIを「我が国で最も大切にされ、尊敬される組織のひとつ」「法執行機関の要」と位置付け、「きょうが新たな幕開けになる」と宣言した。ホワイトハウスはただちに後任の人選を開始するという。

コミー氏は2013年、オバマ前大統領の任命でFBI長官となった。FBIは長年、政治に影響を及ぼすことを避ける立場を取ってきたが、コミー氏は昨年の大統領選前、民主党候補だったクリントン氏の私用メール問題の捜査を7月に打ち切り、本選直前の10月に再開すると発表して波紋を呼んだ。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]