米国民の7割、トランプ氏を「不支持」 出馬表明後で最高

ドナルド・トランプ氏の不支持が70%と過去最高の水準に

ドナルド・トランプ氏の不支持が70%と過去最高の水準に

(CNN) 11月に行われる米大統領選で共和党からの指名を確実にした実業家のドナルド・トランプ氏に対する「不支持率」が出馬表明後では最高の70%に達したことが16日までに明らかになった。

米紙ワシントン・ポストとABCニュースによる世論調査によれば、米国人の成人10人に7人はトランプ氏に対して否定的な見方をしていた。数週間前には支持率が右肩上がりだったことを思えば大きな風向きの変化だ。

トランプ氏に対して好意的な考えを持つと答えた人は29%にとどまった。特にヒスパニック系で見ると、否定的な見方をしている人は89%に上った。

一方で、民主党の候補指名を確実にしているヒラリー・クリントン前国務長官もさまざまな問題を抱えているが、支持率についてはトランプ氏ほどの差はなさそうだ。クリントン前長官を好意的に見ている人は43%だったのに対し、否定的な見方をする人は55%だった。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]