ポケットの電子たばこが突然爆発、男性大やけど 米

ズボンのポケットの中の電子たばこが突然火を噴く事故が発生= NJOY

ズボンのポケットの中の電子たばこが突然火を噴く事故が発生= NJOY

(CNN) 米ケンタッキー州で男性がズボンのポケットに入れていた電子たばこが突然火を噴く事故があり、男性は右太ももに重いやけどを負った。

同州オーウェンズボロに住むジョシュ・ハミルトンさんは20日、近所のガソリンスタンドの売店で買い物をしていた。店員によると、ハミルトンさんがレジの前で現金を取り出そうとポケットに手を入れたところ、突然大きな火の手が上がったという。

店の防犯カメラには、ハミルトンさんがズボンの炎を払いながら店から飛び出す様子が映っていた。その後ズボンを脱ぎすてると、前出の店員が消火器を持って現れ、ハミルトンさんの脚に吹き付けたという。ハミルトンさんは居合わせた客によって病院へ運ばれた。

ハミルトンさんは同日午後、フェイスブックに傷口の写真を掲載し、「脚全体に重さ3度のやけどを負った。電子たばこのバッテリーがポケットの中で爆発して火が付いた!」と投稿した。その後病院で診察を受けると「実際には2度のやけどだったので、手術や皮膚移植はせずに済みそう」と報告している。

電子たばこはバッテリーを作動させて液体を放出し、ニコチンを蒸気にして吸う仕組み。たばこと違って米食品医薬品局(FDA)などの当局による規制はかけられていない。FDAは規制の対象にすることを検討している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]