第2戦のNH州、民主サンダース氏と共和トランプ氏が優勢

それぞれ2位以下を大きく引き離す民主党のサンダース氏(左)と共和党のトランプ氏

それぞれ2位以下を大きく引き離す民主党のサンダース氏(左)と共和党のトランプ氏

ワシントン(CNN) 米大統領選に向けた候補指名争いの序盤、アイオワ州に続く第2戦の舞台となる東部ニューハンプシャー州で、与党・民主党はバーニー・サンダース上院議員、野党・共和党は実業家のドナルド・トランプ氏がそれぞれ圧倒的な優位に立っていることが、CNNと地元WMURテレビによる最新の世論調査で明らかになった。同州では2月9日に両党の予備選が実施される。

ニューハンプシャー大学の統計センターが1月27~30日、無作為に選んだ同州在住の成人914人を対象に電話で聞き取り調査を行った。このうち409人は共和党、347人は民主党の予備選で、それぞれ投票を予定していると答えた。

共和党の投票予定者では、トランプ氏を支持すると答えた人が30%とトップを独走。2位以下はテッド・クルーズ上院議員(12%)、マルコ・ルビオ上院議員(11%)、ジョン・ケーシック・オハイオ州知事(9%)、クリス・クリスティー・ニュージャージー州知事(8%)、ジェブ・ブッシュ元フロリダ州知事(6%)と続いている。

予備選でトランプ氏が勝つと予想する人が3分の2を占める一方、ほかの候補が勝つとの予想はいずれも10%未満にとどまった。

同州の共和党支持者は従来、ほかの序盤州に比べて穏健派の割合が大きいことで知られる。2008年と12年の大統領選に向けた予備選の出口調査では保守派を自認する人が半数強と、アイオワ州の8割強、サウスカロライナ州の約7割を大幅に下回っていた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]