米客船でノロウイルスの集団感染、172人が発症

ノロウイルスの集団感染 米客船

(CNN) 米プリンセス・クルーズ社の客船「クラウン・プリンセス」で乗員と乗客計172人が吐き気や下痢の症状を訴え、ノロウイルス感染が確認されたことが17日までに分かった。米疾病対策センター(CDC)が明らかにした

クラウン・プリンセスは28日間の航海でハワイとタヒチを回り、今月16日に米ロサンゼルスに帰着した。プリンセス・クルーズの報道担当者によると、終盤の数日間で症状を訴える患者が急増。CDCの簡易検査でノロウイルスが検出された。

乗客3009人のうち少なくとも158人、乗員1160人のうち14人が発症した。船内ではCDCが定めた予防措置を取り、乗客にも発生を伝えて手洗いや報告を呼び掛けたという。

船体やロサンゼルスのターミナルは16日、次の航海に備えて徹底的に消毒された。

ノロウイルスは感染力が強く、閉鎖された空間では特に広がりやすい。今年初めにもクルーズ船での発生が相次ぎ、計数百人が感染。クラウン・プリンセスでは4月の集団感染で少なくとも152人が発症していた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]