レイプ被害者は「ふしだら」、被告への量刑で論議 米

レイプ被害者は「ふしだら」、被告に寛大量刑 米判決で論議

(CNN) 米南部テキサス州の裁判官が、強姦(ごうかん)被害者の少女が異性との関係で「ふしだらな面」を持つなどと示唆し被告に禁錮45日間などの判決を下し、検察やレイプ被害者の救済センターの反発を受ける騒ぎとなっている。

5年の保護観察処分の他、同救済センターでの250時間の社会奉仕活動を命じたことも物議を醸す材料になっている。裁判官はまた、観察処分の適用期間中、被告を強姦事件が起きた10月4日に毎年、24時間収監することも命じた。

これに対しレイプ被害者の救済センターの幹部はCNNの取材に、施設は被害者を助けるためのものであり、レイプ犯を受け入れるのは創立の趣旨に相反すると反論。裁判官は施設の仕事を理解していないのではないかと主張している。

被害者の少女は地元テレビ局に判決内容に打ちのめされているとし、信頼していた裁判官に裏切られたと語った。

暴行事件は2011年、高校内で発生したもので、現在20歳の男性被告が当時14歳の女生徒を校内で襲っていた。子どもへの性的暴行で有罪となった被告はレイプを認めており、禁錮20年の判決も予想されていた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]