米世論、プーチン氏とヒトラー同一視は24%のみ ウクライナ情勢

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ロシアのプーチン大統領

ロシアのプーチン大統領

(CNN) ロシアによるウクライナ南部クリミア半島の併合で、ロシアのプーチン大統領をナチス・ドイツのヒトラーと同一視する米国民の比率は24%であることが最新世論調査で5日までにわかった。

比較は強引過ぎるとの回答は51%。5人に1人超は、第2次世界大戦の歴史について十分な知識がなく、設問に答えられないとしていた。

今回調査は米キニピアック大学が実施。クリントン前米国務長官は先月初旬、カリフォルニア州ロングビーチでの政治募金集会で、クリミア半島におけるロシアの軍事介入を第2次大戦前のヒトラーによる欧州侵攻になぞらえていた。

ただ、この発言は論議を呼び、前長官は翌日、ロサンゼルスでの講演で米国民に歴史的観点への配慮を促すのが目的だったと釈明。クリミア半島やウクライナ東部でのロシア系住民保護のために介入が必要とするプーチン氏らの主張は、1930年代にポーランドやチェコスロバキア(当時)など欧州各地で少数派のドイツ人保護を強調したナチス・ドイツの言い分を思い起こさせることを強調したかっただけと説明した。

キニピアック大学の調査によると、米国民80%はプーチン氏は正直でなく信頼に値しないと回答。3分の1は精神的に安定していないと受け止め、逆の意見は48%だった。57%は、強い指導力を有する人物と評価した。

また、80%は、米国の軍事関与でウクライナ危機がより大規模な地域紛争に発展する可能性を非常にもしくは多少は危惧していると回答した。

同調査は3月26~31日、全米の登録済み有権者1578人を対象に電話で実施した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]