米グアンタナモ施設から移送の100人、テロ前線に復帰

(CNN) 米情報機関を束ねる国家情報長官室は15日までに、キューバのグアンタナモ米海軍基地に付属するテロ容疑者収容施設からこれまで移送などされた計603人のうち16.6%に当たる100人がテロ活動に再度戻っているとの報告書をまとめた。

同収容所は2001年の米同時多発テロ後に創設された。最近発表された報告書の要約によると、09年1月以降に釈放された71人のうち3人がテロ組織に復帰。グアンタナモから他の収容施設に移送された別の4人も同様の道をたどった疑いがある。

報告書は、今後条件なしに容疑者をグアンタナモ施設から移送すれば一部はテロや反政府活動に戻ることが過去10年の傾向分析で浮き彫りになったと指摘。国内紛争が起き、内政が不安定でテロ組織などの活発な勧誘行動がある国への移送は特に問題があると強調した。

また、一部の元収容者間の相互連絡は密接で、テロ謀議なども取り上げられていると説明。この連絡相手には元収容者の家族やテロ組織の元仲間も含まれているとした。

オバマ米大統領は09年の就任に伴い、グアンタナモ収容施設を10年1月までに閉鎖するとの大統領令に署名。しかし、収容者の米本土への移送条件などで治安維持を懸念する米議会との調整が難航し、期限内の閉鎖は不可能となっていた。オバマ氏は今年、閉鎖の進め方を検討させるため米国務省内に担当室を再度開かせていた。

グアンタナモ施設には最多で750人以上が収容されていた。現在は164人。収容中に死亡した容疑者は少なくとも7人となっている。施設運営に米国防総省は年間約1億5000万ドルを投じている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]