アラスカの「猫」市長、犬に襲われる

犬に襲われたアラスカの市長猫 (C)Lauri Stec

犬に襲われたアラスカの市長猫 (C)Lauri Stec

(CNN) 米アラスカ州タルキートナの「猫」市長が3日までに、犬に襲われ重傷を負った。

市長の「スタッブス」は週末に犬に襲われたとみられ、肺に穴が空き、胸骨が折れ、脇腹に約12センチの深い切り傷を負ったという。医者らによると、3日に管を外して自身で呼吸できるようになったという。

スタッブスはタルキートナで約16年間、市長とされている。子猫のときにスーパーの前で経営者に拾われた。ちょうど市長選を控えていた頃で、出馬した候補者を気に入らなかった住民たちが、投票用紙にスタッブスの名前を記入し、他の候補者を打ち破った。以来、市長として親しまれている。

人口約800人の同市は歴史的地区で、市長は象徴的な存在だという。

スタッブスは土曜の夜の散歩中に地元の犬に襲われたとみられ、病院に運ばれたという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]