1億2千万円分の紙幣消える スイスから米に輸送中

1億2千万円分の紙幣消える

ニューヨーク(CNN) 米連邦捜査局(FBI)は25日、スイス・チューリヒから米ニューヨークへの現金輸送中、120万ドル(約1億1700万円)分の100ドル紙幣が何者かに盗まれたとして捜査を開始したことを明らかにした。

FBI報道官によると、現金はチューリヒでスイスインターナショナルエアラインズの旅客機に積み込まれた。22日に同機がニューヨークのジョン・F・ケネディ国際空港に到着した後、120万ドル不足していることが分かった。どの時点で盗まれたのかは明らかでない。

現金は専用のケースに入り、これがさらに大きなコンテナに収納されていた。コンテナに容器を入れたり出したりする作業にはフォークリフトが必要だという。

捜査状況に詳しい当局者らによると、なくなったのは米銀がスイス国内の支店から移動しようとしていた現金の一部。高額の現金が輸送される場合の通常の手続きとして、いったん連邦準備制度(FRB)の施設に運ばれ、古い紙幣と新札との取り替えなどが行われる予定だった。不足分があることは24日、この施設で判明したという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]