米北東部で猛吹雪 ニューヨークなど非常事態宣言

ニューヨーク(CNN) 米北東部で2つの激しい嵐が合流し、各地で猛吹雪となっている。ニューイングランドの各州とニューヨーク州では、知事が非常事態を宣言した。

嵐の進路上に住む数千万人に影響が出ており、全米約60の空港で数千便がキャンセルとなった。

最も被害が大きいと見られるのがボストンで、8日午後5時から9日朝まで猛吹雪となり、最大2フィート(約61センチ)の積雪が予想されている。気象予報士らによると、今回の嵐は大きさ、範囲ともに歴史的規模になる可能性があるという。

マサチューセッツ州のパトリック知事は「この時期に2~3フィートの積雪を記録するなど、これまでとはまったく異なるタイプの嵐だ」と述べた。

すでにニューイングランドの各州とニューヨーク州の知事が非常事態を宣言した。マサチューセッツ州とコネチカット州では、緊急車両を除くすべての乗用車、トラックの乗り入れが禁じられており、違反した場合は1年以下の懲役と500ドルの罰金が科される。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]