ベルギー農家がフランスとの国境石を移動、国土面積広くしちゃった

ベルギーの農家が国境の石をうっかり動かし、結果的に自国の面積を増やす珍事があった/Virginie LeFour/Belga/Sipa USA

ベルギーの農家が国境の石をうっかり動かし、結果的に自国の面積を増やす珍事があった/Virginie LeFour/Belga/Sipa USA

(CNN) フランスと国境を接するベルギーの町エルクリンヌで、農家がうっかり国境石を移動させ、ベルギーの国土面積が1000平方メートルほど広くなってしまうハプニングがあった。幸いなことに、両国間の重大な外交問題には発展せずに済んでいる。

620キロにわたって広がるベルギーとフランスの国境は、200年以上前に設置された境界石によって隔てられている。

ところがこの境界石のうち、両国の国境を定めたコルトレイク条約締結前の1819年に設置された石が、最近になって2.29メートル離れた場所に移動しているのが見つかった。

境界石を動かしたのはエルクリンヌの農家だったと思われる。まさか国際問題に発展するとは思わずに、自分の土地にあった邪魔な石を、邪魔にならない場所に移したらしい。

この農家が自分の畑に沿って境界石を動かしたために、ベルギーの国土は思いがけず1000平方メートルほど広くなった。

エルクリンヌの市長は4日、CNNの取材に対し「石があった正確な場所は分かっている。1本の木の隣だった」と述べ、「問題は明日にも解決するはずだ。我々は石を動かした人物を突き止めるところなので、トラブルは避けられる」とした。

ベルギー側もフランス側も、この状況を迅速かつ友好的に解決したい意向だと市長は強調。「とにかく笑った。それほどの重大事ではない」「国境は元の場所に戻す。我々にベルギーを大きくしてフランスを小さくする意図はない」と話している。

面積が狭くなったフランス側のブジニーシュルロックの市長もフランスの通信社の取材に応じ、「両国はこれまでうまくやってきた。従って現時点で重大な懸念はない」と語った。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]