ガラスの床からNYを見下ろす 高さ335mの展望デッキがオープン

高さ335m、ガラス床付きの展望デッキ NYにお目見え

(CNN) 米ニューヨーク・マンハッタン西側の大規模再開発プロジェクトとして知られる「ハドソンヤード」に11日、高さ335メートルの展望デッキ「エッジ」がオープンする。

高層ビルの100階から奥行約24メートルの三角形のデッキが突き出し、360度の眺望を楽しむことができる。屋外の展望デッキとしては西半球トップの高さだ。

/Courtesy of Related-Oxford
/Courtesy of Related-Oxford

エッジのチケットは38ドル(約4000円)で、さまざまな割引料金も設定されている。

巨大なマンハッタンの地図を見上げ、トンネルを抜けた先のエレベーターに乗って52秒。壁面に写し出されるニューヨークのアニメーションが写真へ、さらに雲へと変化したところでドアが開く。そこはまるで空へ舞い上がったような別世界だ。

目玉は何といっても、中央部にあるガラス張りの床。恐る恐るのぞき込めば、はるか下に走る車がアリのように小さく見える。一歩踏み出すのは意外と勇気がいるけれど、ガラスは決して壊れることがないとされ、上で飛び跳ねたり、寝転んだりするのも自由だ。

デッキを建設中の写真。中央部にガラス張りの床が見える/CNN
デッキを建設中の写真。中央部にガラス張りの床が見える/CNN

「インスタ映え」の写真を撮るのもいいが、シャンパン片手に(ここは安全第一でプラスチックのカップにしておこう)、ゆっくりと夜景を楽しむのも一興だろう。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]