電動キックスケーター、シンガポールも歩道走行を禁止

シンガポールで電動キックスケーターの歩道走行が禁止される/ROSLAN RAHMAN/AFP via Getty Images

シンガポールで電動キックスケーターの歩道走行が禁止される/ROSLAN RAHMAN/AFP via Getty Images

(CNN) シンガポールで4日から、電動式のキックスケーターで歩道を走ることが禁止された。同国では電動キックスケーターの普及にともなって事故が急増し、少なくとも1人が死亡している。

ラム・ピンミン運輸担当上級国務相が3日の議会で語ったところによると、12月31日までの移行期間で利用者に周知させ、年明けから新法を厳格に適用する。違反者には罰金2000シンガポールドル(約16万円)または最大3カ月の禁錮刑を科すが、障害者は対象外とする。

シンガポールでは9月末、自転車に乗っていた女性(65)が電動キックスケーターと衝突。現地紙ストレーツ・タイムズによると、女性は脳の損傷により、数日後に搬送先の病院で死亡した。

電動キックスケーターでの歩道走行はフランスでも禁止されているが、罰金は135ユーロ(約1万6000円)と、シンガポールの10分の1にすぎない。

ラム氏によると、電動キックスケーターは通勤や宅配サービスなどに盛んに使われ、同国全体で10万台近くまで増えた。当局は安全指導やスピード制限、免許制度などによる対策を試みたが、違反者は毎月平均370人に上り、事故は増え続ける一方だった。

同氏は「歩道の走行を禁止するのは苦渋の決断だが、歩行者が安心して道を通るためには必要な措置だ」と語った。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]