北京市、迷惑な観光客の「ブラックリスト化」を検討 顔認識で締め出し

北京市が迷惑な観光客を「ブラックリスト」に登録することを検討している/FRED DUFOUR/AFP/AFP/Getty Images

北京市が迷惑な観光客を「ブラックリスト」に登録することを検討している/FRED DUFOUR/AFP/AFP/Getty Images

(CNN) 中国・北京市の観光局が、迷惑な観光客を「ブラックリスト」に登録して観光地から締め出す対策を検討している。

国営メディアが北京公園管理当局の話として伝えたところによると、清明節の3連休を利用して中国国内から北京を訪れる観光客の増加に伴い、桃の木によじ登ったり、花を摘んだり、植物を荒らしたり、公園内の池で釣りをしたり、公園内で不法に物品を販売したりといった観光客による迷惑行為が急増した。

そうした観光客を阻止するため、顔認識ソフトウエアなどの技術を使って公園の入場者を監視し、ブラックリストに登録した人物の立ち入りを阻止する対策が検討されている。

北京市内にある天壇公園は2017年、トイレットペーパー泥棒を防ぐための措置として、トイレに顔認識のためのスキャン装置を設置した。目を合わせると1回分のみペーパーが出てくる仕組みで、追加が必要な場合は9分間待たないと支給されない。

文化観光省によると、今年の清明節の中国国内旅行者は1億1200万人を超え、前年より10.9%増えた。北京だけでも70万人以上が市内の公園を訪れている。

観光客の取り締まりはここ数年で強化されつつあり、中国国家観光局は16年、過去に迷惑行為を行った20人をブラックリストに登録して移動を制限した。

昨年のブラックリスト登録者は670人を突破。リストに登録されれば最大で1年間、航空機搭乗や列車乗車を断られることがある。

中国では国民のあらゆる行動を監視する社会格付け制度の導入も提案されている。格付けが低い人は旅行を禁止されたりローンの申し込みが難しくなったりする可能性がある。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]