「キンドル」ストア、中国市場から撤退 米アマゾン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
米アマゾンは、来年7月に中国市場で電子書籍「キンドル」のストアを閉鎖する/Chen Yuyu/VCG/Getty Images

米アマゾンは、来年7月に中国市場で電子書籍「キンドル」のストアを閉鎖する/Chen Yuyu/VCG/Getty Images

香港(CNN Business) 米アマゾンは6日までに、中国市場で電子書籍「キンドル」のストアを閉鎖すると明らかにした。西側諸国のIT大手が世界2位の経済規模を誇る中国から撤退する新たな事例となった。

アマゾンによれば、2023年7月にストアを閉鎖する。これ以降は中国のキンドル利用者はオンラインで書籍を購入できなくなる。

既存の利用者は24年6月まで、以前に購入した書籍をダウンロードすることができる。アマゾンはキンドル端末の小売店への供給を停止する。

アマゾンは声明で、中国の消費者への長年にわたる関与について変化はないと指摘。中国で広範な事業基盤を築いており、引き続き技術革新と投資を行うとしている。

最近はIT企業による中国市場からの撤退が続いている。民泊仲介の世界大手である米エアビーアンドビーは5月、中国国内の物件紹介を取りやめ、海外へ出る旅行者に注力するとの方針を明らかにしていた。ビジネス向け交流サイト(SNS)のリンクトインは昨年10月、中国版の閉鎖を発表していた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]