米ウーバー、自動運転車部門を売却 5年にわたる開発に終止符

ウーバーが自動運転車部門を米新興企業に売却する/Uber

ウーバーが自動運転車部門を米新興企業に売却する/Uber

ワシントンDC(CNN Business) 米配車サービス大手のウーバー・テクノロジーズが自動運転車部門を新興企業の米オーロラに売却することがわかった。ウーバーによる自動運転車の開発は訴訟や死亡事故によって停滞していたが、今回の部門売却により5年間にわたる開発に終止符が打たれる。

ウーバーはオーロラの株式26%を保有するほか、4億ドルを出資する。オーロラは自動運転車のためのソフトウェアを開発しており、米アマゾンも出資している。

オーロラの最高経営責任者(CEO)は以前、グーグルの自動運転車に関するプログラムを率いていた。

ウーバーは2015年にカーネギーメロン大学から40人の研究者を引き抜いて自動運転車の開発に乗り出し、その後は人員も1000人を超えた。

ウーバーはかつて、自動運転車の開発が生き残りに不可欠だと考えていた。しかし、現在では、新型コロナウイルスの感染が拡大するなか、コストの削減などに向けて人員を25%削減していた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]