道路状況に応じて姿を変えるAI横断歩道、ロンドンで実験

双方向横断歩道は、時間の経過とともに歩行者の行動を学習することを想定しているという

双方向横断歩道は、時間の経過とともに歩行者の行動を学習することを想定しているという

その情報に基づいて、例えば高齢者がいる場合は時間をかけて横断できるよう、横断歩道の点灯時間を延長する。

双方向横断歩道は、時間の経過とともに歩行者の行動を学習することを想定している。「歩行者がいつも間違った場所で横断している場合は、横断歩道をその場所の近くに移動させて、安全性を高める」という。

ロンドン南部では10月の1カ月間、スターリング・クロッシングが実験的に敷設された。同社経営者によれば、利用者には好評だったという。同社はこの横断歩道を、世界各国の都市に普及させたい考え。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]