米情報機関の監視告発、経緯つづった書籍が米英で発売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
米情報当局による監視活動が暴露された経緯がつづられているという

米情報当局による監視活動が暴露された経緯がつづられているという

(CNN) 情報当局の監視活動を暴露して米国に追われる身となったエドワード・スノーデン容疑者による告発の経緯をつづった「スノーデン・ファイル」が間もなく各国で出版される。

同書は「世界最重要指名手配者のインサイドストーリー」のサブタイトルで、英紙ガーディアンのルーク・ハーディン記者が執筆。英国で今週、米国では11日に発売される。

スノーデン容疑者はかつて米国家安全保障局(NSA)の活動にかかわり、ガーディアン紙を通じてNSAによる監視活動の実態を暴露してきた。

ハーディング記者は、スノーデン容疑者が初めて電子メールを通じて同紙のグレン・グリーンウォルド記者に接触してきた経緯や、同記者がスノーデン容疑者との間で信頼関係を築き、多数の機密文書を入手するに至った経緯について記している。

記事掲載を前に、ガーディアン米国支部のエディター、ジャニーン・ギブソン氏が法的助言を求めたり、ホワイトハウスに接触するなどの対応を迫られた場面も紹介。いらだちを募らせ「こんなものは公表しなくていい。まっとうな報道機関なら公表しない」と怒鳴りつける相手に、ギブソン氏は「何を公表するかは自分たちで決める」と応じたとされる。

同紙の記事が出てから間もなく、スノーデン容疑者は姿を消し、現在はロシアに亡命中。

ハーディン記者は2日、CNNのインタビューに、「(スノーデン容疑者は)ハワイでこの告発を計画していた時に想像していたよりも、はるかに多くのことを達成したと思う」「その行動によって歴史を変えさせたことは間違いない」と振り返った。

「Tech」のニュース

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]