新型iPhone、「金」モデルも?

スチュアート・ヒューズ氏がデザインした金のiPhone

スチュアート・ヒューズ氏がデザインした金のiPhone

(CNN) 米アップルは今年秋に金色のiPhoneを発売するのではないかとのうわさが流れている。

技術系情報サイト「オールシングズD」などが伝えたところによると、新型iPhoneでは、表面が白で背面と縁が金色のモデルが用意されているという。「金塊というよりシャンパン」を思わせるエレガントな金色だそうだ。

もし本当に金色のiPhoneが発売されれば、スマートフォン市場が急成長を続ける中国やインドで人気を集めるとも予想される。中国やインドは、金製の宝飾品への需要が非常に高く、世界市場の60%を占める。

中国を最大の市場とし、高級携帯電話を展開しているヴァーチュ社のマッシミリアーノ・ポリアーニ最高経営責任者(CEO)は、「金は昔から人気がある。現在も多くの市場、なかでもアジアで非常に人気がある。アップルはアジアにおける成長目標を設定しており、これは自然な動きと見られる」と述べている。ただ、「だが金色にするだけでは、素材として金を使うのにはかなわない」とも述べた。

また、ゴールドやダイヤモンドを使用した高級iPhoneなどをデザインするスチュアート・ヒューズ氏は、26カラットのブラックダイアモンドと600個のダイヤモンドを使用したiPhone5をデザインしている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]