体高90センチ、小型のティラノサウルス発見 進化の過程解明に前進

ティラノサウルスの親戚にあたる小型恐竜の化石について詳細な研究結果が公表された/Courtesy Andrey Atuchin

ティラノサウルスの親戚にあたる小型恐竜の化石について詳細な研究結果が公表された/Courtesy Andrey Atuchin

(CNN) 米ニューメキシコ州で見つかった小型の恐竜の化石が肉食恐竜ティラノサウルス・レックス(Tレックス)の親戚であることがわかった。8000万~6600万年前に地上に君臨したTレックスだが、進化の過程については分かっていないことも多く、今回の発見がティラノサウルスの進化の過程を解明する手掛かりになるのではないかと期待が寄せられている。今回の調査結果については、「ネイチャー エコロジー&エボリューション」で発表された。

9200万年前に生息していた小型のティラノサウルスの化石2体は同州ズニ盆地で発見されていた。今回見つかった小型の恐竜は「Suskityrannus hazelae」と名付けられた。現地の言葉で「コヨーテ」を意味する「suski」とラテン語で「王」を意味する「tyrannus」などを組み合わせた。

体高は90センチ、全長は2.7メートルとみられる。体重は約20~40キログラム。Tレックスの体重は9トンに達する。

何を食べていたのかは分かっていないが、小型の動物を捕食していたとみられている。Tレックスと比べると、頭蓋骨(ずがいこつ)は細長く、足は走るのに適していたという。

今回発見された小型のティラノサウルスの化石は約20年前に発見され、その後、研究が進められていた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]