日本、北京五輪への閣僚らの派遣見送りを発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
日本が北京五輪への政府関係者の派遣を見送ると発表/Kevin Frayer/Getty Images

日本が北京五輪への政府関係者の派遣を見送ると発表/Kevin Frayer/Getty Images

東京(CNN) 日本政府は24日、来年2月に開催される北京冬季五輪に政府高官や閣僚を派遣しない方針を明らかにした。ただこの措置を「外交的ボイコット」と呼ぶのは控えた。

松野官房長官は記者会見で、日本が人権尊重を重要視していることを示唆。「総合的に勘案」しての判断だと述べた。

松野氏によると、東京五輪パラリンピック組織委員会の橋本聖子会長、日本五輪委員会の山下泰裕会長、日本パラリンピック委員会の森和之会長は北京五輪に参加する予定だという。

岸田首相は今月初め、自身が北京五輪に参加する計画はないと表明していた。地元メディアによれば、同首相には与党内から中国に厳しい姿勢で臨むよう求める圧力が高まっていた。

北京五輪への対応は、日本にとって扱いの難しい問題だ。日本は米国と緊密な関係を結んでいるが、中国とはアジアの隣国として経済的な結びつきが強い。

北京五輪をめぐってはここ数カ月、中国政府による新疆やチベットでの人権侵害や香港での政治的締め付けを理由に、活動家がボイコットを呼び掛けてきた。

これまで米国、オーストラリア、英国、カナダが政府関係者を派遣しない「外交ボイコット」を表明している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]