ラグビー・スコットランド代表の女子選手、26歳で死去

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ラグビー・スコットランド女子代表選手のショバーン・カッティガンさんが死去/Eric Mccowat/Alamy

ラグビー・スコットランド女子代表選手のショバーン・カッティガンさんが死去/Eric Mccowat/Alamy

(CNN) ラグビー・スコットランド女子代表選手のショバーン・カッティガンさんが死去した。26歳だった。所属クラブが11月30日確認した。

カッティガンさんは先月26日に死去。これを受けて、所属クラブはウェブサイトに声明を発表し、「この悲嘆の時、私たちの愛、思い、心からの追悼の意はショバーンの遺族とともにある。遺族がこの悲劇的な喪失に対処する中、私たちは遺族のプライバシーが皆から尊重されることを切に願う」とつづった。

フォワードの第3列を務めていたカッティガンさんは2018年、6カ国対抗戦「シックスネーションズ」のウェールズ戦で代表デビューを飾り、代表選手として19キャップを獲得した。

カッティガンさんはラグビー以外でも、スターリング大学で犯罪学と社会学を学び、その後スポーツ心理学で修士号を取得。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]