大坂なおみ選手、大会賞金の寄付を表明 地震被害のハイチに

女子プロテニスの大坂なおみ選手/David Ramos/Getty Images

女子プロテニスの大坂なおみ選手/David Ramos/Getty Images

(CNN) 女子プロテニスの大坂なおみ選手は14日、カリブ海のハイチで同日発生したマグニチュード(M)7.2の地震を受け、自らが近く出場予定の大会で得た賞金をハイチへの救援資金に提供すると発表した。

大坂選手の父親はハイチ出身。同選手は米シンシナティ市で14日に開幕したウエスタン・アンド・サザン・オープンに第2シードとして出場を予定している。

大坂選手はツイッター上で、「ハイチで起きている惨事に実際、心を痛めている。一息もつけない状態だろうと思う」とし、ウエスタン・アンド・サザン・オープンで戦い、獲得した賞金の全てをハイチの救援努力に寄贈したいと述べた。

また、「私たちの先祖の生命力は強いことは知っており、私たちは立ち上がり続けるだろう」とも語った。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]