ビール購入で選手村離れる、ホッケー選手を処罰 豪

オーストラリア代表選手団のイアン・チェスターマン団長/James Chance/Getty Images

オーストラリア代表選手団のイアン・チェスターマン団長/James Chance/Getty Images

(CNN) 東京五輪に参加するオーストラリア代表選手団のイアン・チェスターマン団長は8日までに、大会の新型コロナウイルス対策に違反し、ビールを購入するため選手村を抜け出したとしてホッケーの選手5人に処罰を科したと発表した。

無断外出は5日未明で、チェスターマン団長は記者団に選手3人が同日の午前3時ごろ、地元のコンビニでビールを調達するため選手村を約20分間離れていたと説明。

別の選手2人も同日午前6時ごろ、同様に外出していたが何も買わず戻っていたとした。

選手5人は各自の部屋にそれぞれ隔離される処分を受けた。帰国することになるだろうと
も語った。

チェスターマン団長は「彼らは他の代表選手たちを失望させたことを自覚している。我々の観点から言えば、(処罰などの)さらなる措置は講じられないと考える」と述べた。

東京五輪に関連し、豪州選手による物議を醸す行動が明らかになったのは今回が初めてではない。ラグビー男子の代表選手らが帰国便で過度に飲酒し、大声を上げて騒ぐなどの迷惑行為も最近暴露されていた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]