ケイト・ウィンスレットの長女が女優デビュー、母娘関係は伏せて

ケイト・ウィンスレットさん(左)は、長女のミア・スレアプレトンさんがチェコでテレビシリーズの撮影を行っていると明らかにした/Getty Images/Ascent Films

ケイト・ウィンスレットさん(左)は、長女のミア・スレアプレトンさんがチェコでテレビシリーズの撮影を行っていると明らかにした/Getty Images/Ascent Films

(CNN) 映画「タイタニック」の主演で知られる英国の女優ケイト・ウィンスレット(45)さんはこのほど、長女のミア・スレアプレトンさん(20)が女優デビューを果たしたことを明かした。

ウィンスレットさんは英国のテレビ番組で、スレアプレトンさんが現在、連続ドラマの撮影でチェコに滞在していると語った。

娘が自分と同じ道を歩むことは、以前から予感していたという。案の定、本人が2年ほど前に突然「やってみたい」と言い出した。

「娘にとって本当に良かったのは、私と姓が違うこと。だから初仕事はだれにも気づかれることなくスタートできた」と、ウィンスレットさんは話す。

「娘を起用した人たちは、私の娘だとは夢にも思っていなかった。私はそれが一番心配だったし、娘の自尊心のためにも一番大事なことだった」という。

ウィンスレットさんはインタビューの中で、自身が米国の連続ドラマで主役の刑事を演じていること、タイタニックのジェームズ・キャメロン監督と再びタッグを組んだ新作映画「アバター2」が公開されることなどについても語った。

最近では、19世紀初頭の女性古生物学者をモデルにした映画「アンモナイトの目覚め」に出演している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]