音楽プロデューサー、フィル・スペクターさん死去 女優殺害で服役中

1970年代にスタジオで撮影されたフィル・スペクターさんの写真/Michael Ochs Archives/Getty Images

1970年代にスタジオで撮影されたフィル・スペクターさんの写真/Michael Ochs Archives/Getty Images

(CNN) グラミー賞を受賞した音楽プロデューサーで、女優殺害の罪で実刑判決を受けたフィル・スペクターさんが16日に死去した。80歳だった。米カリフォルニア州矯正・更生局が発表した。

発表によると、スペクターさんは自然死だった。正式な死因については同州サンホアキン郡の検視官が判定する。

スペクターさんは2003年に女優のラナ・クラークソンさんを射殺した罪に問われ、09年に禁錮19年~無期の実刑を言い渡された。クラークソンさんはカリフォルニア州にあるスペクターさんの豪邸で死亡しているのが発見された。口内には銃弾が突き抜けた跡があった。

スペクターさんはニューヨーク市ブロンクスの出身。ハイスクール時代にバンド「テディベアーズ」を結成し、ヒット曲「To Know Him Is To Love Him(邦題「会ったとたんに一目ぼれ)」を生み出した。

やがてプロデューサーとして活躍するようになり、ビートルズやティナ・ターナーなどのレコーディングを手がけた。そのスタイルは「ウォール・オブ・サウンド」として知られるようになり、1960年代の音楽に大きな影響を与えた。

「バングラデシュ・コンサート」のプロデューサーとしてグラミー賞を受賞。ロックンロールの殿堂入り、作曲家の殿堂入りも果たしていた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]