米女優タニア・ロバーツさん死去 007出演、前日に死去の誤報

米女優タニア・ロバーツさん死去

(CNN) 人気映画「007」シリーズなどに出演した米女優のタニア・ロバーツさん(本名ビクトリア・レイ・ブロムさん)が4日、米ロサンゼルス市内の病院で死去した。65歳だった。パートナーのランス・オブライアンさんが5日、CNNに明らかにした。

これに先立ちCNNなど報道各社は広報担当者マイク・ピンゲルさんの話として、ロバーツさんが3日に死去したと報じていた。この情報についてオブライアンさんは、3日に病院でロバーツさんに別れを告げ、これが最後の面会になると思って取り乱していたと打ち明けた。しかし4日午前の病院からの電話で、ロバーツさんはまだ生きていると知らされたという。

オブライアンさんによると、現地時間の4日午後9時すぎ、ロバーツさんが死去したとの連絡があった。

ロバーツさんは愛犬と散歩した後にカリフォルニア州の自宅で倒れ、昨年12月24日にロサンゼルス市内の病院に入院した。死因は公表されていない。オブライアンさんやピンゲルさんによると、新型コロナウイルス検査では陰性だった。

ロバーツさんはモデル出身。やがて映画に出演するようになり、30年にわたって映画やテレビで活躍した。

テレビ版の「チャーリーズ・エンジェル」では3人の主要キャラクターの1人を演じ、続いて1985年の007シリーズ映画「美しき獲物たち」に地質学者のステイシー・サットン役で出演。ロジャー・ムーア演じるジェームズ・ボンドの相手役を務めた。

コメディードラマ「ザット’70sショー」では新たなファン層を獲得したが、夫の介護のために途中降板した。最後に出演したのは2005年のテレビ番組「バーバーショップ」だった。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]