ドジャースの元監督、トミー・ラソーダ氏が入院

ドジャーズの元監督であるトミー・ラソーダ氏が入院した/Joe Camporeale/USA TODAY Sports

ドジャーズの元監督であるトミー・ラソーダ氏が入院した/Joe Camporeale/USA TODAY Sports

(CNN) 米大リーグのロサンゼルス・ドジャースの元監督であるトミー・ラソーダ氏(93)が入院したことがわかった。

ラソーダ氏は米カリフォルニア州オレンジ郡の病院の集中治療室(ICU)に入り、安静にしている。

ラソーダ氏は先月、テキサス州に足を運び、ドジャースが今年のワールドシリーズを制覇した対タンパベイ・レイズ戦を観戦していた。

ラソーダ氏は1976年から1996年までドジャースの監督を務め、1997年に殿堂入りを果たした。ドジャース監督として1599勝しており、ワールドシリーズを2度制覇した。2000年のシドニー五輪では米国代表を率いて金メダルを獲得した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]