アーノルド・シュワルツェネッガー氏、SNSで心臓手術を報告 経過は順調

アーノルド・シュワルツェネッガー氏がSNSに心臓手術を受けたとの報告を投稿した/from Instagram/Arnold Schwarzenegger

アーノルド・シュワルツェネッガー氏がSNSに心臓手術を受けたとの報告を投稿した/from Instagram/Arnold Schwarzenegger

(CNN) 米カリフォルニア州の元知事で俳優のアーノルド・シュワルツェネッガー氏(73)がインスタグラムとツイッターに、心臓手術を受けたとの報告を投稿した。

22日の投稿によると、オハイオ州クリーブランドの病院で大動脈弁の置換手術を受けた。術後の経過は順調だという。

同氏はインスタグラム上で、とても気分が良く、クリーブランドの街歩きを楽しめるまでに回復したと報告。医師や看護師らに感謝の言葉を贈った。

シュワルツェネッガー氏は先天性の心疾患があり、1997年と2018年には肺動脈弁の置換手術を受けていた。

米政治家の心臓病としては、大統領選の民主党候補指名レースに参加していたサンダース上院議員が昨年10月に発作を起こしたほか、トランプ大統領も18年の健康診断で一般的な症状を指摘されている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]